幸せ 青い空

アドベンチャータイムにはまっています

最近、『アドベンチャータイム』というアニメにはまっています。アメリカのカートゥーンネットワークのアニメです。

 

日本ではケーブルテレビなどのチャンネルで見られるのですが、フィンという少年と黄色いしゃべる犬ジェイクが一緒に暮らし、
冒険をしたり、お菓子の国や、小人の国など、2人の家の周りにある国々で起こったいろいろな問題を解決していくという
一話完結のアニメです。

 

「鷹の爪団」や「土管君」「ちーすい丸」など、シュールアニメはたくさんありますが、このアドベンチャータイムもかなりシュールです。

 

ですが、基本はフィンとジェイクの友情が軸になっているので、お子様が見ても安心な、最後はホロリとさせる温かいシーンも
たくさんあります。

 

初めて見たときは正直に言って、「ゆるい絵だなぁ」と思ったのですが、回が進むごとに、
黄色い犬ジェイクにどんどん愛着がわいてきて、最近は毎日ジェイクのグッズを買おうかどうかと迷っているくらいです。

 

私のおすすめは「ぎりぎりジェイク」という回。

 

このジェイクは、伸びたり、膨らんだり、魔法が使えてどうにでもなる犬なのですが、
問題解決のためにどんどん自分の体を細長くのばしていきます。その伸びきった時のジェイクの姿がかわいくて面白くて・・・。

 

このアニメ、魔法を使えるキャラクターもたくさんいるのですが、ウィキペディアを見てびっくり、
物語の設定は、「核爆弾が爆発して、魔法が復活した世界」。

 

なんとも穏やかでは無い設定ですね。

 

悪夢~

 

その日は、突然に来た。私は、高校時代からの親友と共にスポーツジム開催のマリンスポーツを楽しむイベントに参加した。
私達は、新しい水着を購入し、初めてのマリンスポーツにドキドキワクワクしながら、ジムスタッフと参加者全員で、数台の車に乗り合わせ、
川へ向かった。一斉に洋服を脱いで水着になり、それぞれ、川に入ったり、ジェットスキーを楽しんだりした。

 

私達2人もジェットスキーのバナナボートに乗せてもらう事になった。
女子数名でボートにまたがり、出発!どんどんとスピードアップし、ブレーキをかけられ、「きゃーきゃー」と歓声があがる。
ジェットスキーを運転していたジムスタッフも楽しくなってきたのか、突然急カーブをし、みんな川に放り出された。
また、バナナボートに乗る為、泳いで行き、いざ、ボートのひもを掴み、登ろうと体重をかけた時、どこからか、「バキッ」と変な音がした。

 

一瞬、何が起こったのか全く分からなかった。もう一度、ひもを掴む。
すると、私の右腕に激痛が走った。どうやら、あの変な音は、私の右腕の骨が折れた音だったみたい。
それまで、骨折など一度も経験のなかった私は、頭が真っ白になり、溺れそうになった。バタバタともがいていると、
親友が近づいてきてくれた。