骨折

骨折しちゃいました〜

私は、親友に小さな声で言った。「腕が折れた・・・」と。ビックリした親友は、そばにいる人に助けを求めた。すると、1台の船がやってきてくれ、茫然としている私は、岸に打ち上げられたトドの様に引き上げられた。船の所有者が急いで携帯から119番に連絡すると、間もなく、救急車がやった来た。遊びに来ていた川は、愛知県のある田舎の川だった為、川岸は、一時騒然となり、何事が起ったのかと、やじ馬でいっぱいになった。私は、腕が痛いにも関わらず、なんか頭は冷静で、水着姿で救急車に乗り込む自分が恥ずかしくて、みっともなくて、堪らなかった。付添いとして乗り込んでくれた親友の横で、私は、右腕を固定する処置を受け、ひたすら痛みに耐え、「早く病院に着いて!早くこの腕をどうにかして下さい、神様」と、祈っていた。それから、ものの数分で病院に着いた。そこは、とても小さな個人病院だった。私は、個人病院に対して、あまりいいイメージがなかった為(個人病院で働いている方、ごめんなさい。)、不安だったが、文句を言える立場でもなく、大人しく院内に入った。処置室ではなく、手術室の手術台の上に寝かされた。そして、右腕を骨折していた為、水着が脱げなかったので、容赦な
く、切られた・・・。